今から最小限で健康になろう!!

頑張ってやみくもに健康に気を使っても100%の効果はでません。私の経験の基、適当な体作りを紹介していきます。最小限の努力で健康を!

スポンサードリンク1

仮想通貨 プリペイドデビットカードについて 暗号通貨【KEY・DCM】

スポンサードリンク

久しぶりの更新です。

クレジットカードとデビットカードの違い

 

プリペイドデビットカードとは

そもそも仮想通貨でいうプリペイドデビットカードとはなんなのでしょうか?

まずは、デビットカードについて説明します。

デビットカードとは、後払いのクレジットカードとは違い、その場で財布から現金を払うように、決算時に銀行口座からその場でお金の引き落としがされるカードのことです。

仮想通貨の場合、銀行口座とは、「ウォレット」や「仮想通貨取引所の自分の口座」となります。デビットカード決算を行ったときに、それらの口座から該当の金額が引き落としがされます。

これはすぐ理解できると思います。

 

次に、デビットカードには2つの種類があります。

プリペイド

・ウォレット型

 

 

です。

プリペイド型とは

あらかじめカードに任意の金額をチャージしておくものです。プリペイドカードですね。

日本で利用する場合は、あらかじめ仮想通貨を円に替えてカードにチャージします。チャージした時点ですでに日本円になっているので、そのまま利用ができます。

ウォレット型とは

プリペイド型とは違い、あらかじめカードへのチャージは必要ありません。自分のウォレットに所定の仮想通貨を入れておくだけで、決済時に日本円相当額の仮想通貨が、ウォレットから引き落としされます。

仮想通貨の状態のまま決済が可能ですので、カードにいちいちチャージしなくても良いことがメリットです。 

 

f:id:hibikiten:20181003184402p:plain

デビットカード経由で仮想通貨を現金化することは、利用者にとって非常に重要なことです。いくら、仮想通貨を持っていてもそれを使えなければ意味がありません。現状、仮想通貨取引所から直接現金化する場合は複雑で、利用者にとってよくありません。世間がもっと注目・利用してもらうためには、仮想通貨がデジタル資産としての信頼を高めなければなりません。

 

仮想通貨 = 法定通貨(円) が等価で即時交換できるものとなった瞬間、デジタル資産としての真価を発揮します。

 

 

話は変わって現状の仮想通貨市場でのデビットカードについてお話します。

 我らが KEYトークンやDCMC(デジタルカレンシーマイニングコイン)、RSC(ロナウジーニョサッカーコイン)等が入ったプリペイドデビットカードが発送されるそうです。

 

大手銀行を始めとしたクレジットカード(三井住友銀行みずほ銀行UFJ銀行、アメックス、楽天等)と違い、仮想通貨のデビットカードはあまり、見たことはないでしょうが、すこし検索しただけで、実はこんなにあります。

f:id:hibikiten:20181003180734p:plain

f:id:hibikiten:20181003180737p:plain

f:id:hibikiten:20181003180736p:plain

f:id:hibikiten:20181003180739p:plain

 

f:id:hibikiten:20181003180741p:plain

f:id:hibikiten:20181003180744p:plain

 

これだけ数はありますが、現在利用できる仮想通貨のデビットカードはこの世にありません。

 

1社「TenX」という所が以前、欧州向けにデビットカードを発行した実績がありましたが、

今年1月にWavecrestというVISAカードの発行体がVISAライセンスを失ったことで、TenXカードも使用不可能になっていました。

 

TenX以外のプロジェクトは他にもいくつかありますが、実際にデビットカードを発行することができていたのはTenXだけであり、そのTenXカードも使用不可能になってしまったことで仮想通貨デビットカードは現在、一切存在していません。

その後はTenXの進展がなく、TenXにビットコインデビットカード発行の申し込みをした人はただ再開を待ち続けるしかないという状況です。

発行体はドイツの上場企業で業績良い会社であってもこのような結果になってしまっております。

 

 

 

 

 

Asian Pay E-wallet(ASIAN PAY

アジアンペイのEウォレットというところもあります。

f:id:hibikiten:20181003185155p:plain

口座開設をして、自分のE-walletを作成することで、両替だけでなく、様々なサービスへのデポジット、海外送金、プリペイドカードへの出金が可能になります。また、仮想通貨の購入や出金も可能にする、総合金融プラットフォームがAsian Pay E-Walletです。

ASIAN PAY

 

カード発行手数料に 350USD

1回のプリペイドデビットカードにチャージするのに 5.0USD

ATMから出金に 3.5USD

ショッピング手数料に 1.2USD

 

 

 クリプトコム(Crypto.com)

香港に拠点を置くブロックチェーンのスタートアップ企業クリプトコム(Crypto.com)が仮想通貨Visaデビットカードを発表しました。
South China Morning Postによれば、今後2か月間の間に10万枚の仮想通貨Visaデビットカードを発行し、シンガポールから世界諸国に届けると発表しています。

 

対応する仮想通貨

  ・ビットコイン(BTC)

  ・イーサリアム(ETH)

  ・ライトコイン(LTC)

  ・モナコ(MCO)

  ・バイナンスコイン(BNB)

交換できる法定通貨

  ・USD(米ドル)

  ・SGDシンガポールドル

  ・HKD(香港ドル

としています。

 

こちらのURLをご覧ください。

crypto.com

クレジットカードでいう、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと棲み分けがされています。(更に細分化されてる!)

ブラックカード欲しい!!

 

また、クリプトコムの場合、Visaのカードローンを計画しているようです。すでにライセンス申請を香港とシンガポールで行っているそうです。

ブラックカードなら、カード利用額になんと2%のキャッシュバックです。

こうなると最強ですね!

 

おそらく担保は保有している仮想通貨の総額なのでしょう。

 

クリプト.comの場合、保有する仮想通貨のおよそ40~60%までしか借りることのできないようになっているそうです。

 

日本で、無担保だと、50万も借りれれば良いほうでしょうが、仮想通貨で、1億も保有していれば、キャッシングは低く30%で見積もっても3000万円です。こうなると無敵です。

 

これはものすごく羨ましいですね。

 
 

しかし、もちろん、まだクリプトカードは発送はされていませんので、最低1〜2年はかかる遠い話だと思います。

 

ちなみに、クリプトトークンは

Cryptocurrency Market Capitalizations | CoinMarketCap

コインマーケットキャップにて86位です。

 

 

 私のおすすめのトークンはここまで、理想的にはならないでしょうが、それに近い話になるでしょう。

個人的には、どこかのブラックカードを持ちたいですね!

 

 

www.nikkei.com

 

 

 中国、香港では、つい最近、200〜300kmで運行される。高速鉄道が開通されました。

香港からは、橋を一本渡ってしまえば、マカオ澳門)です。節税・投資をしたい超金持ちの中国人(ドバイの超超富裕層とはさすがに劣ります)には、魅力的に写ってしまいますね。

 

 

こんな大変なデビットカード発行を上手な立ち回りで確実に進捗しているのが、KEYです。

是非、期待大のDCM公式ファンクラブに下記URLはから登録してね!

DCMファンクラブ担当者QR | ファンクラブ担当者QR

 

私は、完全に個人で情報を発信しているので、連絡を取りたい場合は下記からご連絡くださいね! 

hibikiten.hatenablog.com

 

以上

良い流れがきています!