今から最小限で健康になろう!!

頑張ってやみくもに健康に気を使っても100%の効果はでません。私の経験の基、適当な体作りを紹介していきます。最小限の努力で健康を!

スポンサードリンク1

YONEX ナノレイ Zスピード(NANORAY Z-SPEED)レビュー・使用感・感想・インプレ

スポンサードリンク

 初代VT80 → VT80E-tune → VT80E-tune シャフトが丸々折れる → VT80 シャフトにヒビが入る  となり使えるラケットが0本となりましたので、急遽ラケットを新調しました。選んだのはヨネックス ナノレイZスピードです! 新デザインでライムイエローの新色です。NR−ZSP
 f:id:hibikiten:20170220115249j:plain
 ボルトリック80を使っていたのですが、シャフトの細いヘッドヘビーなので、ラケットヘッドが遅れてくる感じが多分あり、打感も少しくわえ込む感じもして、個人的に好きなナノスピードのように弾くラケットを探しました。

 

 候補に上がったのが ナノレイ800、ナノレイ900、ナノレイZスピード でした。
 
 ナノレイ800を少し借りて打ってみたのですが、弾いて、軽くて、操作性も良いのですが、思ったよりも柔らかいのでナノレイ900かZスピードのどちらかで迷っていました。
 
 Zスピードを数球打ったのですが、弾きすぎてビックリしました。しかし、ここまでの弾きはいるのかどうかと、Zシリーズのコンパクトフレームが自分に合っているのかが不安でした。
 
 ナノレイ900は試打等しませんでした。
 
 900のほうがなんにでも対応しやすそうなので、900にしようと思ったのですが、どうせ買うならクセがあっても極端なものを買おうとZスピードにしました。
 
 結果、正解だと思っています。ほとんどクセがなく、ものすごく弾く面の小さいラケットだなと感じています。あと振り抜きがとても良い。
 面の小ささはホリゾンタル-Aコンセプトで広がっているらしいが、やはり、普通のラケットよりは確実にスウィートエリアが狭いです。なので、普通のラケットで芯を外してもなんとは飛びはありますが、コンパクトフレームだと飛びません。;;
 このスウィートスポットの狭さはコンパクトフレームである以上どうしようもありません。それに比例して、弾きと振り抜きの良さがあると思ってください。スナップバックゾーンとソニックメタルも良い弾きの力となっているのでしょうね。弾くので少しの力でコントロールもしやすいです。
 

 
 本当に、ものすごく弾き、振り抜きが良い面の小さいラケットなので、それが理想な方にはこれしかないほどのラケットだと思っています。ヘッドヘビーよりのイーブンで扱いやすく、シャフトも硬すぎずスマッシュのスピードは誰が使っても早くなるでしょう。
 しかし、弾きすぎるので、ボルトリックのようなパワー感は明らかに劣っています。スマッシュスピードが速いだけだと意外と簡単にレシーブができてしまいます。スマッシュレシーブのカウンターが怖いとか、とりあえずスマッシュを打って相手も返球のコースを限定したいなどのパワーが必要な時には、ボルトリック Z-フォース2(VTZF2)を初めとしたVOLTRICシリーズを使ってみましょう。
 
 これは慣れなのかわかりませんが、ボルトリック80をずっと使ってきたあとにZスピードに変わると、全くくわえ込んだりしないので、ドライブとヘアピンがものすごく難しいです。弾きすぎ!!
 お気に入りのラケットなので、もう少し使い込んでみます。
 
 中学生や高校生にはこのラケットは適しません。最高のラケットを使いたい気持ちはわかりますが、強くはなれないでしょう。中学生はいくら上手くてもナノレイ800やナノレイi-スピードぐらいにしておきましょう。高校生で十分試合ができる様になってからナノレイ900やこのラケットを使うようにしましょう。そうでないと基礎が身につきません。ラケットを変えただけでいきなりは強くなれません。古いラケットを使っている上手いプレーヤーに勝つぐらいまで上手くなりましょう。