今から最小限で健康になろう!!

頑張ってやみくもに健康に気を使っても100%の効果はでません。私の経験の基、適当な体作りを紹介していきます。最小限の努力で健康を!

スポンサードリンク

YONEX ボルトリック80 E-チューン(VT80 E-TUNE)レビュー・使用感・感想

スポンサードリンク

ヨネックスVT80の後継ラケットである VT80E-tune(VT80ETN)を購入しました。

まだ入荷待ちですが、、、

 

前のモデルのVT80 との違いが気になります。

 VT80(4U) → VT80E-tune(3U)です。

後日、使用してみたあとのレビューを書いていきます。

 ↓↓

 

使用してみました。

とりあえず、簡単に、、、

前モデルよりはるかに良い使用感です。

力が乗りまくります。

詳しくは後日。

デザインが暗いマットな赤で、普段赤は選びませんが、なかなか良いです。

前モデルのほうが良いけど、、、

↓↓

 

VT80(4U) ガットNBG95 24ポンド

  ↓

VT80E-tune(3U) ガットNBG95 26ポンド (E-tuneのパーツ上下装着済み)

のレビューです。

 4Uから3Uへのなるので単純にパワー感増します。それにE-tuneのパーツを両方装着しているので、ものすごいパワー感があり、ドライブや下からのショットでさえ力が乗りまくります。

 パーツのおかげでヘッドヘビーがよりキツクなっているので、力を抜いたショットが楽です。それに、力を入れたらその分だけ力が乗ります。ドライブが気持ちいいです。あと各ショット、シャトルが良く沈みます。いつも通りに打っているとネットに掛かる^^;;

 そして、かなりのヘッドヘビーなので力を入れて振っていればあきらかに負担が大きいです。

 

 前モデルと比べると、操作性が変わらずパワー感を高めて、重量配分を変えられる2点を実感しました。

 ただし、パーツを両方付けヘッドバランスが大きく変わってしまったことと、ガットを強めに張ったのでスマッシュが少し打っただけでは、うまく打てませんでした。MAXで打てたらかなり強く、気持ちが良さそうです。

 

 今回、購入したお店が意図せず両方のパーツを付けしまっていたので次回ガットが切れた時には、パーツを両方とも取って使用してみたいと思います。

 

 ボルトリック Z-フォースⅡ(VTZF2)と比較したらどうなんでしょうか。

おそらくZF2のほうはかなり使いずらいと思います。(使ったことありません。。。)

 VT80E-TUNEは4Uを買ってパーツで調節していくのがベターでしょう。取りあえず、この操作性とパワーは買い替えても損はないでしょう。オススメです。

 YONEXの8番台は名作って話は本当なのかもね。

↓↓ 追記 ↓↓

ガットが切れたので、上のパーツだけ取り外してみました。

上のパーツは持ってもほぼ重量がない(1,2gぐらい?)のですが、上側のパーツを付けた分の表面積が減り空気抵抗が少なくなり大分取り回しやすくなった感じです。連続グロメットはパワーロスが少なそうで良いですね。

 ↓↓

20151209更新

スマッシュ打球時に折れました。。。

接触等もなくただ振り切ってラケットを上げようとしたらキレイにラケットの面の部分がなくなってシャフトのみのラケットになっていました。
 
メーカーに見てもらいましたが無償保証の適用ができなかったのでさよならです。
こういう所で素敵な対応をしてくれたら一生そのメーカー使おうと思うのですが直接の連絡もなかったので考えさせます。
これからは初代VT80を使っていきます。
 
↓↓
 
20160414更新
初代VT80 もシャフトに打球時に違和感が出てしまうほどのヒビが入ったのでナノレイZスピードに乗り換えました。おそらく、また接触等もなく、普通の打球時にです。ガットが切れたようなピキッとした違和感がありました。
 
VT80を両方とも使い、やはりトライ・ボルテージシステムやナノメトリック、ナノプリームなどを用いて頭の重さを感じさせない工夫をしていますが、やはり単純に考えてシャフトが細いヘッドヘビーなので、シャフトを始め、フレームへのダメージが著しいものであると感じました。
 
ラケットとしては、ヘッドヘビーでパワー感があるのに、操作性も良く、シャフトが固いが細いためかなりしなります。パワーが欲しいがヘッドヘビーだと思って使いづらいかなと思っていると、かなり使い易いものだと気に入ってしまうかもしれません。初心者でもっと楽にクリアを飛ばしたいとかラケットへの力の伝え方を覚えたい場合には、よりシャフトの柔らかい、VT70 E-tune が良いと思います。使ったことないけど、、、 デザインが白、オレンジで女性にも良い感じ!
 
心残りとして、E-tuneのパーツ、コントロール重視(付属パーツ)とスピード重視(別売りパーツ)を打ち比べてみたかったです。別売りパーツ(AC-ET1)はナイロン+タングステンなので、弾きが良いみたいで、パワーがあって弾くという自分の理想的なラケットにカスタマイズして打ってみたかったです。